必見!青汁の摂取方法とポイント

必見!青汁活用術

Techniques of green juice

メインイメージ

青汁の摂取方法とポイント

様々な効果を発揮する青汁だからこそ、摂取方法には気をつけたいものです。
医薬品ではなく健康食品ということから安全に身体から異状を取り除くということから、
服用は比較的ルーズでもよさそうなイメージがありますが、
実際にはポイントをおさえて飲用しなければ、効果がでるものも出ません。

副作用はないものの、飲用の際には注意しておきたい点があります。
例えば、妊娠中や授乳中の女性の摂取については詳細に解説しています。

ここでは上記のような服用時のポイントや摂取方法について解説しています。

継続こそが最大のポイント

青汁の摂取の際に、もっとも大きなポイントとなるのが【継続的な摂取】です。
毎日、決められた用量を正しく摂取し続けることが非常に重要な意味を持っています。

例えば、薬局などで処方される医薬品であれば即効性があり、スグに効き目が出ます。
それとは対照的に健康食品の場合は身体の調子を正常に整えた結果として、
バランスが悪かったがゆえにあらわれてしまっていた症状を取り除くことが出来るのです。

つまり、簡単にいえば青汁には即効性のある成分はありません。
しかし身体にやさしく時間をかけて症状を改善する栄養があるのです。

だからこそ、継続的に摂取する必要があります。
青汁の一日の理想摂取量はこちらに載っています。

もちろん頭ではわかっていても、途中で面倒になってサボってしまう事もあるでしょう。
また、効果がなかなか出ないという事で飲用を投げ出してしまう人もいるかもしれません。
そんなことのない様に、予め飲みやすく続けやすい製品を選んでおくのも一つの手です。

例えば、冷凍タイプは文字通り凍っているので飲める状態になるまで時間がかかります。
しかし粉末なら水に溶かすだけで出来上がります。
継続するために、この利便性を利用できれば理想的でしょう。

自分なりに工夫して、とにかく毎日飲み続けることを意識してみましょう。

粉末タイプの青汁はアレンジしやすいため、毎日違った風味を楽しむことができます。
毎日飽きずに飲み続けるためにはいろいろなアレンジができる製品タイプの方が良いでしょう。
また、こちらのサイトには、青汁ラーメンが紹介されています。

服用の注意点

先述したとおり、医薬品ではないので副作用はありません。
しかし、服用時に気をつけておきたいことはいくつかあります。

その一つとして挙げられるのが「過剰摂取」です。
効果が出ないと言って、大目に飲んでしまう人もいますが、身体に負担がかかるのでやめましょう。
結果的に下痢や便秘などの症状が出てしまうことがあります。

また、妊娠中や授乳中の女性の飲用についてはどうでしょうか?
結論から言えば、むしろ積極的に摂取するべきだといえます。
青汁が含む葉酸というミネラルは胎児の健康に優秀な効果を発揮することがわかっているからです。 妊娠・授乳中の青汁については、こちらにも詳しく書かれています。


ただし、ワーファリンという薬を飲んでいる人は服用を控えましょう。
ビタミンKという成分によって薬効が薄れてしまう場合があります。
青汁のデメリットは、こちらもご覧ください。
妊娠中や出産後にはホルモンバランスが崩れることがあります。
そんなときは、女性ホルモンのバランスを整えてくれるイソフラボンを使用してみてください。