必見!青汁の常識(主な成分など)

必見!青汁活用術

Techniques of green juice

メインイメージ

青汁の常識を改めて確認

生活習慣病をはじめとする様々な疾患が急増しているなかで、
健康や美容への有効性が大きな注目を浴びている青汁ですが、そもそもどんなものなのでしょうか?
ここでは、その基本的な知識を改めて解説しています。

まず最初にいえるのは医薬品ではなく健康食品だということです。
そのために副作用は一切ありません。
健康促進に最適な身体に負担をかけない食品なのです。

原材料としてはケール・明日葉・大麦若葉などが挙げられます。
これらは野菜のなかでも特に栄養価が高いといわれている植物です。
その材料を絞った汁が本来の青汁であり、原材料の成分が凝縮されているのが魅力です。

製品タイプとしては冷凍や粉末などが主流です。
冷凍は絞り汁をそのまま冷凍したもので、粉末は加熱後に粉砕したものが殆どです。

近年ではフリーズドライ製法によって加工されたものも登場しています。
この製法によってつくられた製品は栄養がしっかりと保存されており、
絞りたてそのままの状態を再現することが出来るということから高い評価を得ています。

いろいろな製法はありますが、こちらのサイトを参考にして、自分なりに青汁のおいしい飲み方を工夫してみましょう。

青汁を飲むのに適している時間帯はこちらにも詳しくかかれていますが、朝起きてから一杯飲むと良いそうです。
生活習慣病にはイソフラボンも効果があるので、青汁と一緒に試してみてください。


代表的な効果

その成分の豊富さから様々な効能を持っているのが最大の特徴のひとつです。
ここでは、その効果を挙げていきます。

○美容・美肌効果・・・
アンチエイジングをはじめ、美白などの働きを持っています。
これは血行促進効果http://peopleit.net/bloodgood.htmlによるもので、肌の新陳代謝が上がる事に大きな意味があります。

結果的にはシミやシワがなくなっていくという成果を得ることができます。
ニキビやたるみなどにも働きかけるため、肌の調子が悪いという時も積極的に摂取しましょう。

美容・美肌は、女性は特に気にする効果ではないでしょうか。
青汁と女性の体については、こちらにも詳しく書かれています。

○健康を維持・・・

生活習慣病をはじめ、様々な症状を改善する効果があります。
ガンなどの重篤な疾患も予防・改善を促して働きかけていきます。

豊富な食物繊維が便秘などの症状を和らげて解消し、
その結果として肌のトラブルも改善されるという事もあるでしょう。
他にもダイオキシン対策やアトピー・アレルギーへの作用も期待されています。

ストレスを鎮静する効果のある成分や不眠症を改善するメラトニンという成分も含まれています。
このように活用するべき機能がたくさんあるのです。

青汁で予防できる病気は下記サイトもご覧ください。


歴史

そんな青汁も実は生まれて間もない健康食品なのです。
その誕生は戦後の昭和の食糧難が背景となっています。

そして開発者といわれている遠藤博士が発明した青汁は現在まで受け継がれています。
ケール100%という点から味に難があり今でこそポピュラーな製品ではなくなっていますが、
その高い有用性は今でも高く評価されています。
最近では飲みやすく改良された青汁製品が多くなっていますので、小さい子供や野菜が苦手な人でもおいしく飲むことができています。