必見!製品タイプごとに徹底活用

必見!青汁活用術

Techniques of green juice

メインイメージ

製品タイプごとに徹底活用

ひとくちに青汁といっても様々な製品タイプがあります。
冷凍タイプをはじめ粉末タイプをはじめ最近ではフリーズドライ製法が注目されています。

これらのタイプはそれぞれに青汁のメリットとデメリットがあります。
しっかりと見極めて自分に最適な製品を選びましょう。

何よりも青汁は継続して飲み続けるのが効き目を実感するための最大のポイントです。
そのために肝要となるのが製品タイプ選びと言えるでしょう。
外出先でも飲用できるかどうか、飲用に手間が掛かるかを予めタイプ別に頭に入れておきましょう。

さらに有効成分をしっかり保存できているかどうかという点も大きなポイントです。
製法によっては、採取した時の新鮮な状態を十分に再現できるものもあります。
栄養価が低ければ、せっかく飲んでも意味がないので重視したい点でしょう。

こちらのサイトでは、青汁の比較ランキングを紹介しています。

それでは、上記の項目を中心に製品タイプについて解説しています。

粉末タイプ

もっともポピュラーな製品タイプのひとつです。
栄養価の保存度もそれなりに高く、しっかりと効果を実感することができるでしょう。

最大の特徴として【利便性】が挙げられます。
粉末状になっているため、場所を選ばずにどこでも摂取できるのです。
外出先でも飲用できるため、継続的な摂取に基準をおいた場合は最適なタイプかもしれません。

ただし、製品によっては気をつけなければいけない場合もあります。
それは、加工の際に加熱している場合です。
万が一、高温で加熱していしまっている場合は栄養素が壊れてしまう可能性もあります。
十分に注意して購入を判断しましょう。

冷凍タイプ

絞りたての青汁を容器にいれて冷凍保存した至ってシンプルなタイプです。
それ故に加熱などで栄養が壊れている可能性もありません。
一定量以上の栄養が含まれているという安心感があります。

デメリットとして挙げられるのは利便性の低さでしょう。
容器に入っているので飲用する場所は選びませんが、溶けるまで待たなくてはいけません。
忙しい時には、ついつい待ちきれずに諦めてしまうこともあるかもしれません。

そのため、あらかじめ当日分は溶かしておけるような手間を惜しまないという人や、
時間をたくさん使えるという人にオススメです。

冷凍タイプの青汁はこちらのサイトでも紹介されています。

フリーズドライ

近年、大きな注目を浴びている人気製法です。
新鮮な青汁を特殊な技術を利用して一瞬で凍らせます。
そのうえで、真空状態にして乾燥させるのです。

飲用の際は、水で戻すだけでOKなので粉末タイプと殆どかわりません。
好きな時に飲むことができますし、場所も選ばないので非常に便利です。

なおかつ栄養価の保存も完璧に近い状態に保たれています。
成分が壊れることもないので、高い効果を感じることが出来るでしょう。

青汁の原材料ごとの栄養素の違いが、http://ranking.qpd.jp/kaiseki.htmlに
載っているので、ご覧になってみてください。